Journal Club

カテゴリーで検索

全部 |不整脈|CADETセミナー配布資料|心不全|周術期|心臓外科|血管外科|肺循環|心臓移植|血管内科|循環器救急|循環器集中治療|ACS|安定冠動脈疾患|その他
  • 第12回CADETセミナー(抗不整脈薬:西原)

    登録日:/更新日:

    今の循環器診療で本当に抗不整脈薬はまだ必要なのか?その位置づけは90年代、あるいはその前からどう変わってきたのか?このあたりのトピックを第一線で不整脈の診療を続けてきた立場から率直に語る。抗不整脈薬はいらなくなったわけではないが、その役割は間違いなく減っている。そして、それは抗不整脈薬の功罪が明らかになったからではなく、一般的な薬物療法の進歩やデバイス、アブレーション治療が進歩したためであろう。

    CADETセミナー配布資料
    PDF
  • 第12回CADETセミナー(高血圧:香坂)

    登録日:/更新日:

    降圧薬の使い方について現在残されている
    課題はどの辺にあるのか?その最後のフロンティアは、高齢者と腎不全患者にあるのではないかと考えられる。その二つのポイントについて、現行のエビデンスを総攬する。

    CADETセミナー配布資料
    PDF
  • 第12回CADETセミナー(抗凝固薬:水野)

    登録日:/更新日:

    抗凝固療法の根本的なコンセプトとはどのようなものか?医療のアートを話し出したら止まらない水野先生が改めて語る。薬効とリスクについて2016年現在の捉え方を紹介する。

    CADETセミナー配布資料
    PDF
  • 第12回CADETセミナー(アスピリンとスタチン:山根)

    登録日:/更新日:

    虚血性心疾患治療のベースとなるスタチンと
    抗血小板薬について解説。なぜ、スタチンの量を気にしなくてよくなったのか?そして抗血小板薬で複数の薬剤を使用することになった契機はどういうもので、2016年現在の理解はどうなっているのか?

    CADETセミナー配布資料
    PDF
  • 第12回CADETセミナー(慢性心不全:田中)

    登録日:/更新日:

    慢性期で本当に必要な薬剤はどんなものか?また、そうした薬剤で注意すべき点、あるいは次の2~3年でみられそうな進捗にはどのようなものがあるか?こちらも欧米のガイドラインと日本のガイドラインを比較しながら解説。

    CADETセミナー配布資料
    PDF
  • 第12回CADET配布資料(急性心不全:永井)

    登録日:/更新日:

    冒頭にエビデンスの解釈について簡単に説明し、その後心不全急性期でカギとなる「利尿薬」の使用について、ヨーロッパのガイドラインを参照しながら解説。特にラシックスの天井量の解釈と、トルバプタン使用のエビデンスのありなしについて考察。

    CADETセミナー配布資料
    PDF
  • ブルガダ症候群の予後予測に関する報告

    登録日:/更新日: J Am Coll Cardiol 2016;67:1427–40

    これまでブルガダ症候群の予後予測に関して様々なことが指摘されています。この論文はⅠ誘導のS波が予後予測に有用であるというものでした。対象はⅠ型心電図でSCN5A異常は約30%程度と、一般的頻度とほぼ同一でした。イベント群と無症候群とでは、SCN5A異常や家族歴の頻度は変わりませんでしたが、EPSでの誘発性は対象群で有意であり、マッピングを行った例では伝導時間の延長などを認めました。もしかすると、ブルガダ症候群は背景の異なる様々な患者群が含まれ、あくまでも表現形の一部として心電図変化があるだけなのかもしれません。担当:西原

    不整脈
  • カテに際しての出血リスクの評価

    登録日:/更新日: Spertus JA, et al. BMJ. 2015;350:h1302.

    結構気合の入った論文で、ここ一年の中では自分の一番のお気に入りとなっている。

    計算されたカテ周術期の出血リスクを、半ば強制的に同意書に印刷したらどうなるか、というところをみた意欲的な研究である(参加施設は北米の9施設)。結果として、単にリスク(予想出血率)を提示するだけで、投薬が適切化され(高く出血率の低い薬剤が高リスク患者に集中的につかわれるようになり)、予後も改善したというものである。

    簡単な介入が明確な成果につながったということで、この研究の意義は非常に大きいように思う。(担当 香坂)

    周術期
  • ST上昇型急性心筋梗塞においてIABPは本当に予後を改善するのか?

    登録日:/更新日: JAMA Intern Med. 2015 Mar 30. doi: 10.1001/jamainternmed.2015.0569.

    IABP-SHOCK2 trialが発表されてから、IABPの使用に疑問を唱える論調が強まっています。その中でのメタ解析です。結果は、心原性ショックの有無に関わらず急性心筋梗塞に対するIABPの有効性は証明されませんでした。確かに、心原性ショックを合併した急性心筋梗塞に遭遇した場合、何かできることはないかという気持ちでIABPを挿入しますが、それが適切かどうかは冷静に考える必要がありそうです。またIABPのような極限の状況において用いられるデバイスを評価するとき、観察研究においては、統計的にどのように補正しても除外することのできない要因が必ず存在することは肝に命じるべきだと思います。担当:猪原

    ACS
  • 心電図の微妙な異常も積み重なると?

    登録日:/更新日: Eur J Prev Cardiol. 2013 Aug 5.

    CADET メンバーでもある猪原先生の論文がヨーロッパの予防医学の雑誌に掲載されました。健常人の安静時心電図所見と予後との関連を解析したもので、非特異的ST-T変化や左軸偏位など普段は境界的異常と判断される所見も、積み重なると予後と相関してくるという内容です。まさに塵も積もればというやつでしょうか?

    不整脈
  • ACS症例に対するカテのタイミング

    登録日:/更新日:

    最近上記のトピックについてコメントしました。

    http://www.carenet.com/news/clear/journal/35873

    ACS
  • 脂質に関する Q&A その他

    登録日:/更新日:

    これで最後ですが、副作用やガイドラインについてのコメントです。

    安定冠動脈疾患
    PDF
  • HDL に関する Q&A

    登録日:/更新日:

    これも論文ではないのですが、前回に引き続き HDL に関するQ&Aです。

    安定冠動脈疾患
    PDF
  • LDL に関する Q&A

    登録日:/更新日:

    論文ではないのですが、コレステロール管理について受けたQ&Aをアップさせていただきます。スタチンで副作用が出た場合や、LDLのターゲットについて答えさせていただきました。ただ、あくまでも個人的な(きわめて欧米よりの)視点からの解答ということを付記させていただきます。(香坂)

    安定冠動脈疾患
    PDF
  • ガイドラインに則った周術期管理

    登録日:/更新日: 2013 JCS Annual Meeting

    学会の「症例から学ぶ(6)周術期管理」で香坂が発表した内容です。周術期にどう術前の評価を進めていくか、そして虚血のイベントがおきたときにどう対応するかというところがまとめてあります。スライドにして30枚ほどです。

    周術期 心臓外科
    PDF
  • Diagnostic Testing With a Low Pretest Probability

    登録日:/更新日: doi:10.1001/jamainternmed.2013.2762.

    Diagnostic tests for symptoms with a low risk of serious illness do little to reassure patients, decrease their anxiety, or resolve their symptoms, although the tests may reduce further primary care visits.

    つまり、「心配だから念のためやっておきましょうか」という検査に、実は患者さんの心配を軽減させる効果がなかったという研究です。こんな視点もあるのだなと思い、紹介します。

    周術期
  • FREEDOM試験の意義

    登録日:/更新日: N Engl J Med. 2012 Dec 20;367(25):2375-84

    FREEDOMは、PCIが DES の時代を迎え、BARIやBARI-2Dに引き続き長期的な予後の比較が糖尿病患者で行われたものです。で、端的に言うとこれまでの結果を覆すものではありませんでした(DESは再狭窄の予防に主眼をおいたデバイスなので、驚くにはあたらないのですが)。

    しかし、予想通りの結果であったからといってFREEDOMの価値が減じられるわけではないと思います。FREEDOMは間違いなく患者サイドへのインフォームドコンセントに有用ですし、違う研究グループが同じ方向を向いた結果を出してくれることは、医師側の治療方針の説明の説得力も増します。

    糖尿病 安定冠動脈疾患 心臓外科