Journal Club

カテゴリーで検索

全部 |不整脈|CADETセミナー配布資料|心不全|周術期|心臓外科|血管外科|肺循環|心臓移植|血管内科|循環器救急|循環器集中治療|ACS|安定冠動脈疾患|その他
  • ST上昇型急性心筋梗塞においてIABPは本当に予後を改善するのか?

    登録日:/更新日: JAMA Intern Med. 2015 Mar 30. doi: 10.1001/jamainternmed.2015.0569.

    IABP-SHOCK2 trialが発表されてから、IABPの使用に疑問を唱える論調が強まっています。その中でのメタ解析です。結果は、心原性ショックの有無に関わらず急性心筋梗塞に対するIABPの有効性は証明されませんでした。確かに、心原性ショックを合併した急性心筋梗塞に遭遇した場合、何かできることはないかという気持ちでIABPを挿入しますが、それが適切かどうかは冷静に考える必要がありそうです。またIABPのような極限の状況において用いられるデバイスを評価するとき、観察研究においては、統計的にどのように補正しても除外することのできない要因が必ず存在することは肝に命じるべきだと思います。担当:猪原

    ACS
  • ACS症例に対するカテのタイミング

    登録日:/更新日:

    最近上記のトピックについてコメントしました。

    http://www.carenet.com/news/clear/journal/35873

    ACS